風の向くまま!

yasasami.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:補聴器( 5 )


2019年 03月 03日

3月3日 桃の節句、耳の日で補聴器のテスト結果

早くも3月になってしまいました。今日は「桃の節句」雛祭りです。マンションのスーパーロビーにて
a0030958_2232144.jpg

レストランの夕食もひなまつり膳のメニューになりました。
a0030958_22334692.jpg

a0030958_22341329.jpg

3月3日は、耳の日でもあります。先日来テスト中の補聴器は、今の処、左の充電式の方が聴き易いと
言う結果です。
a0030958_22421174.jpg

マイクの中心位置が外耳道(耳の穴)に近いので雑音が少ない事と、電圧の変動が少ないので頻繁に音量
調整の必要が無い事です。電池式の場合、持ち時間は空気電池でも7日位で、その間に電圧が下がる為
音量が下がって来るのです。来週、耳鼻科を受診するので聞いて来たいと思っています。

by yas_asami | 2019-03-03 22:50 | 補聴器 | Comments(1)
2019年 02月 18日

補聴器その後

耳鼻科で聴力測定をした処、 左耳の聴力が低下 している事が判ったので、補聴器を色々と試して見ました。
結果、次の様な条件を満たすものが良いのではないかと思われました。
   1.自分の耳の特性に合うものである事。
   2.自分の耳穴(外耳道)に合うイヤープラグが付属している事。  
   3.小型で耳介からはみ出ない物。(風切り音が少ない)
   4.空気電池が使える事。(電池の寿命が長い)
   5.出来るだけ安価に購入できる事。

で、先に紹介した「K-80 耳穴式集音器」で試して見ました。
a0030958_212837.jpg

付属していた電池は、モニター用として LR41 でしたが、英文の説明書によると、電池は空気亜鉛電池
AG3(PR41)を使う様に指示してありました。イヤープラグは4種類付属していました。
a0030958_21332077.jpg

空気電池は PR41をネットで購入して入れ替えたので、ほぼ条件は満たされたことになります。
a0030958_22372094.jpg

後は、自分が補聴器に馴れる事だと思い、なるべく着装するように心掛けています。

by yas_asami | 2019-02-18 00:05 | 補聴器 | Comments(1)
2019年 02月 13日

補聴器の電池

補聴器の電池について調べてみました。補聴器の電池は「空気亜鉛電池」という特殊なボタン電池が使
われていました。一般に空気電池と呼ばれています。
空気亜鉛電池(くうきあえんでんち、英語:zinc–air battery)は燃料電池の一種で、「正極に空気中
の酸素、負極に亜鉛を使用するものを言う」となっています。
ボタン電池の空気亜鉛電池の種類は、次の様なものがあります。
名 称     サイズ  
 「PR536(10A)」 5.8X3.6
 「PR41 (312)」 7.9X3.6
 「PR48 (13)」 7.9X5.4
 「PR44 (675)」 11.6X5.4

 これはネットで購入した PR41 です。AMAZONで、5枚(30個) ¥1,075 でした。
アルカリボタン電池の LR41とサイズは同じで、電圧が 1.4V です。
a0030958_22434532.jpg

6個一組になっている、独シーメンス製の空気亜鉛ボタン電池です。
a0030958_22455221.jpg


 空気電池を使用する場合
•1.電池のプラス面に貼ってあるシール(+312)をはがす。
•2.シールをはがして数十秒ほど置いて発電してから補聴器に入れる。

 注意事項
•  +電極(シールをはがした面)には小さな空気孔がある。この穴をふさがない様にする。
•いったんシールをはがすと電池は放電し続け、シールを貼り直しても駄目なので使い切る事。

 このタイプで、どれ位持つのか試して見たいと思います。

by yas_asami | 2019-02-13 23:05 | 補聴器 | Comments(1)
2019年 02月 10日

Pinhen 超軽量耳穴式集音器 K-80

廉価版の補聴器? 集音器を試して見ました。AMAZONで「K-80」で検索して購入したものです。
Pinhen 超軽量耳穴式集音器 K-80 1,500円でした。

a0030958_1937395.jpg


内容は、本体とイヤーアダプタ3種、テスト用電池 LR-41 2個と携帯ケースで取扱説明書は英文のもの
しか入っていません。右側の本体は前回挙げた 充電式 のものです。

a0030958_19405372.jpg


しっかりした携帯ケースが付属しています。左の電池式の方が充電式のものより厚みが少ないです。
a0030958_19431153.jpg

本体には電源スイッチが無いので、電池ケースを浮かせてあります。左下は音量調整です。
a0030958_1942326.jpg

これで電池ケースを閉めると即動作します。
a0030958_19464447.jpg


特徴
 とにかく安価である。落とし易いが予備を買っても知れている。
 英文の説明書しかないが特に問題は無かった。
 電池が長持ちしない。空気電池 PR-41 に交換すると長くなる。
 電源スイッチがないので不便。
 音域が広い。雑音を拾い易いが音質は良い。

左聴力が-40dB を超えた私が使っても、割に使えそうな感じです。平均聴力が -40~-60 dB までの
中等度難聴者向きだと思うので、お試しの価値はありそうです。

註) 付属の電池はモニター用とある様に動作確認用だと考えて下さい。直ぐに駄目になります。 

by yas_asami | 2019-02-10 20:05 | 補聴器 | Comments(1)
2019年 02月 08日

補聴器について

昨年の二度にわたる入院てで、体力の低下と共に、聴力が低下しているのに気が付いたのです。
特に左耳が顕著で、ひとの声の内容が判別し難い状態になって来ました。耳鼻科で聴力テストをすると
1000Hz でー40db を超えており、そろそろ補聴器を考えますかとの医師の話だったのです。
周りで聴いてみると、補聴器はいくら高価なものでもなかなか合わないとの話ばかりでした。
満88歳、COPD で酸素吸入のカニューラが離せない上に眼鏡を掛けているので、耳穴式しか使えない
のです。そこで、試しに安価な耳穴式集音器で試して見ようと、AMAZON で購入しました。
Sanaya 集音器 耳穴式 左右両用 充電式 超小型 軽量 肌色イヤホンキャップ大小4種 ¥3.699 です。
a0030958_2272484.jpg

使い方は、耳介がバーチャル集音器と考えれば、割に簡単でした。
補聴器挿入位置
聞こえの悪くなった左耳にセットし、音量は最小にし、一番よく聴こえる位置を探って見た。
微細調整をして、遠方に耳介の焦点を持って行くと、雑音が少なく聴こえる様になる。
左右バランスは、例えばステレオのセンターでアナウンサーの声が中央から聞こえる様にする。
これを何度か繰り返し、自分に合う様に微調整する。

電池が充電式なので、夜のうちに充電しておけば直ぐに使えるのも便利です。
a0030958_2214558.jpg

ケースは百均で買って来た、小銭入れです。左右の2個入れられます。
a0030958_22155183.jpg

極めて快適に使えるのですが、欠点も色々と見付かりました。
欠点
 本体を挿入したまま音量調整が出来ない。
 挿入感が取れない。
 音が悪くなる。
 落とし易い。
 風が当たると風切音がする。
まだあると思いますが、この価格でここまで使えれば良しとすべきかと思っています。
低音障害型感音難聴の場合、補聴器で訓練すると効果がある様なのでこれも試して見ます。

by yas_asami | 2019-02-08 22:20 | 補聴器 | Comments(1)