風の向くまま!

yasasami.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 30日

マンデヴィラ、ベニカタバミ、ヤノネボンテンカ、パープルハート、サポナリア

今日は一日、台風17号の通過待ちになりました。幸い近畿地方は直撃を免れましたが、これから関東・東北が
大変だろうと思います。そんな訳で、又、撮り置きからです。
マンデヴィラ・ボリビエンシス(キョウチクトウ科)E4の屋上花壇のものが増えました。
a0030958_22582317.jpg

a0030958_22584665.jpg

ベニカタバミ(紅片喰)カタバミ科 大きな葉と花です。
a0030958_22592197.jpg

ヤノネボンテンカ(矢の根梵天花)アオイ科
a0030958_2304625.jpg

別名:タカサゴフヨウ(高砂芙蓉)もE4で勢いを盛り返していました。
a0030958_2323857.jpg

流通名:パープルハートは、セトクレアセア・パリダ(ツユクサ科)と言う名前です。
a0030958_235567.jpg

サポナリア(ナデシコ科)別名:シャボンソウ E11北東の街路樹の根方にて。
a0030958_2375038.jpg

歳と共に、低気圧症候群に悩まされる頻度が高くなる様です。

by yas_asami | 2012-09-30 23:09 | 植物 | Comments(2)
2012年 09月 29日

ベニバナトキワマンサク、アサガオ、リンドウ、ヒメノウゼンカズラ、ノウゼンカズラ、台風進路予報

今日は台風の影響で、一日ベタ曇り、その内に雨もパラパラ降り出しました。で、取材は止めて撮り置きからです。
女子学生会館のベニバナトキワマンサクが返り咲きしていました。
a0030958_23141174.jpg

W6東の園芸愛好家宅では、夏の名残のアサガオが未だ咲いていたのです。
a0030958_23154869.jpg

その近くに、秋の花のリンドウが咲いていました。
a0030958_23164592.jpg

W5せせらぎの道で、ヒメノウゼンカズラの赤花が1輪だけ咲いていました。
a0030958_2317486.jpg

E4では、所謂ノウゼンカズラが返り咲きしていました。
a0030958_23191326.jpg

この時期は、気温の差が晩春と似ているせいか、返り咲きする花も沢山ある様です。
気になる台風の進路ですが、Joint Typhoon Warning Center の台風進路予報は、下図の様になっています。
a0030958_23334375.jpg

通常は6時間おきに情報を発表します。なお、このサイトの台風情報の時刻表記は協定世界時(文中表記は
くZ)となっていますので、日本時間に直すには時差の9時間をプラスして下さい。
URL は、http://www.usno.navy.mil/JTWC/ です。
•TC Warning Graphic をクリックすると見られます。

by yas_asami | 2012-09-29 23:38 | 植物 | Comments(2)
2012年 09月 28日

ススキ、スイフヨウ、ヒガンバナ、アベリアと蝶、カラスビシャク

朝晩は随分涼しくなったものの、日中の残暑は未だ未だ厳しい様です。今年は暑い日が長かったので植物も
勝手が違うのか、E3のススキはやっと穂が出たばかりです。クリックで大きくなります。
a0030958_23282793.jpg

先日来、探し求めたスイフヨウ(酔芙蓉)がようやく花を付けました。W5
a0030958_23301242.jpg

こちらには、ほどよく酔いが回って恥ずかしそうな花と酔っ払ってお先にゴメンと寝てしまった花がありました。
a0030958_2332560.jpg

素面の花は朝早くでないと撮れないのかも知れません。W5の彼岸花も咲き揃いました。
a0030958_23343212.jpg

舗道脇のアベリアの花に、ナミアゲハが舞うのですが、なかなかじっとしていないのです。
a0030958_2338201.jpg

向かいのW6の北側で、珍しい花を見付けました。カラスビシャク(烏柄杓)サトイモ科です。
a0030958_2340167.jpg

マムシグサなどにも似ていますが、小型で仏炎苞(ぶつえんほう)が緑色です。
a0030958_2343880.jpg

都会で出会えるとは思いませんでした。鳥さんが運んだのでしょうか?
明日からお天気が下り坂と言うので、月齢12ですが今夜のお月様を撮って見ました。
a0030958_23455477.jpg


by yas_asami | 2012-09-28 23:47 | 植物 | Comments(2)
2012年 09月 28日

秋の六甲高山植物園-5

9月も下旬になると、山の上の植物園は随分秋めいて来ます。キバナアキギリ(黄花秋桐)の群落です。
a0030958_16411537.jpg

キバナアキギリは、別名:コトジソウ(琴柱草)と言います。
a0030958_16423646.jpg

近くに普通のアキギリも咲いていました。紫色の花を付けます。
a0030958_16433856.jpg

コハマギク(小浜菊)キク科も咲いていました。
a0030958_16485224.jpg

薄暗い場所で、オオカニコウモリ(大蟹蝙蝠)、キク科コウモリソウ属を見付けました。
a0030958_16503080.jpg

葉の下に咲く、ハガクレツリフネです。
a0030958_1652084.jpg

アサマフウロもありました。
a0030958_16525883.jpg

水のある場所では、ダイモンジソウが群落で咲いています。
a0030958_1654321.jpg

ウメバチソウ(梅鉢草)ユキノシタ科を見付けました。
a0030958_16564054.jpg
 
a0030958_1657280.jpg

滝の近くで、お目当てのアケボノソウが咲いていました。
a0030958_16575169.jpg

アケボノソウ(曙草)リンドウ科
a0030958_1704587.jpg

以前は、六甲越えをして紅葉谷の下り道で良く見た花です。
a0030958_171545.jpg

お陰様で、この秋の植物園もいろいろな出会いがありました。お付き合い有り難うございました。

by yas_asami | 2012-09-28 17:09 | 六甲高山植物園 | Comments(3)
2012年 09月 27日

秋の六甲高山植物園-4

秋の高山植物園には、サラシナショウマが群落を作っていました。クリックで大きくなります。
a0030958_21414127.jpg

サラシナショウマ(晒菜升麻)キンポウゲ科
a0030958_2142354.jpg

同じ萩でも、キハギ(木萩)マメ科ハギ属が咲いていました。
a0030958_21443969.jpg

ツリガネニンジン(キキョウ科)
a0030958_21452340.jpg

ワレモコウにも虫さんが来ていました。
a0030958_21461350.jpg

マツムシソウ(松虫草)マツムシソウ科
a0030958_21471847.jpg

フジアザミ(富士薊)キク科アザミ属
a0030958_2148954.jpg

ヒゴタイ(キク科)
a0030958_21485437.jpg

ヒダカミセバヤ(ベンケイソウ科)
a0030958_21493833.jpg

イワシャジン(キキョウ科)
a0030958_21501340.jpg

シモバシラ(シソ科)
a0030958_2151748.jpg

もう1回お付き合い下さい。

by yas_asami | 2012-09-27 21:58 | 六甲高山植物園 | Comments(2)
2012年 09月 26日

秋の六甲高山植物園-3

秋の六甲高山植物園は、連休明けのウイークディで閑散としていて、ゆっくり廻る事が出来ました。
テンニンソウ(天人草)シソ科
a0030958_23441075.jpg

a0030958_23442777.jpg

レイジンソウ(伶人草)キンポウゲ科は、雅楽を演奏する官吏(伶人)がかぶる冠に似ている事から。
a0030958_23454581.jpg

アキチョウジ(秋丁字)シソ科
a0030958_23464082.jpg

タムラソウ(キク科)アザミと違って棘がありません。
a0030958_23474885.jpg

ホトトギス(杜鵑)ユリ科
a0030958_23483342.jpg

シロバナの方は、タイワンホトトギス(台湾杜鵑)ユリ科
a0030958_23492818.jpg

木道を歩いて行くと、サクラタデ(桜蓼)タデ科が綺麗に咲いていました。
a0030958_2351663.jpg

満開に近くなっているのもありました。
a0030958_2351462.jpg

今回は珍しいものに出会う事が出来ました。タコノアシ(蛸の足)学名:Penthorum chinense)です。
a0030958_23541222.jpg

雄蕊が10本ありました。秋が深まると紅葉して、茹で蛸の様になると言うのですが・・・
a0030958_23553973.jpg

ツリフネソウ(釣船草)は、あちこちに大群落を作っていました。
a0030958_23593518.jpg

まだもう少し続きます。

by yas_asami | 2012-09-26 23:40 | 六甲高山植物園 | Comments(3)
2012年 09月 25日

秋の六甲高山植物園-2

オルゴールミュージアム前から、秋の野草に見とれ45分も掛かって六甲高山植物園の西口に着きました。
a0030958_23205484.jpg

その手前の山道に、ゲンノショウコ(現の証拠)が咲いていました。最近はシロバナが増えている様です。
a0030958_23225967.jpg

アカバナのゲンノショウコもありました。
a0030958_23233443.jpg

やはり山の中です、ミズヒキが立派な花をつけていました。
a0030958_23254228.jpg

高山植物園の西口を入ると、ヤマトリカブト(山鳥兜)キンポウゲ科が出迎えて呉れます。
a0030958_23302129.jpg

ヒヨドリバナ(鵯花)キク科も咲いていたのですが、アサギマダラは来ていませんでした。
a0030958_23313962.jpg
 
その近くで、キクバヤマボクチ(キク科)の蕾が風に揺れていました。
a0030958_23324854.jpg

シロバナのホトトギスも咲いています。
a0030958_23332932.jpg

池の傍には、サワギキョウが残っていました。
a0030958_23343413.jpg

アキノウナギツカミ(秋の鰻掴み)タデ科の花です。名前の通り葉も茎もザラザラしています。
a0030958_23355644.jpg

ツルニンジン(蔓人参)キキョウ科の花も咲いていました。
a0030958_23374340.jpg

別名:ジイソブ(爺蕎)と言います。アブがホバリングして飛び込むタイミングを計っていました。
a0030958_2338434.jpg

今期の目玉にもなっている、キイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑)ユリ科です。
a0030958_2341921.jpg

紀伊半島に自生するので付けられた名前だそうです。
a0030958_23412480.jpg

広場の近くの、フシグロセンノウ(節黒仙翁)ナデシコ科は、綺麗な花が見付かりました。
a0030958_23455077.jpg

ここで、ようやくお弁当にしました。明日に続きます。

by yas_asami | 2012-09-25 23:47 | 六甲高山植物園 | Comments(2)
2012年 09月 24日

秋の六甲高山植物園-1

今日は、思い立って、気になっていた秋の六甲高山植物園へ行って来ました。例によって、六甲ケーブルと山上バス
を乗り継いで、オルゴールミュージアム前で下車して歩いたのです。お山は、もうすっかり秋の風情でした。
すすき野の感じが出るでしょうか?秋の七草オバナはススキの事です。クリックで大きくなります。
a0030958_23513863.jpg

駐車場のあちこちにツユクサが咲いていました。
a0030958_2353353.jpg

イヌタデ(アカマンマ)の花が開いていました。
a0030958_2354268.jpg

ダンギクの花にイチモンジセセりが留まっています。
a0030958_23553974.jpg

キンロバイ
a0030958_23562121.jpg

ベニバナサワギキョウ
a0030958_2359811.jpg

キツネノマゴ
a0030958_00481.jpg

コスモス
a0030958_00537.jpg

そろそろ植物園へ向かおうと木道の道へ出て見ると、何とモニュメントの山です。クリックで大きくなります。
a0030958_025317.jpg

「六甲ミーツアート芸術散歩2012」の催し展示だったのです。これを抜けると、オタカラコウが咲いていました。
a0030958_095290.jpg

オタカラコウ(雄タカラコウ)キク科
a0030958_0104269.jpg

少し上には、オタカラコウの群落がありました。クリックで大きくなります。
a0030958_0114687.jpg

道草を食っていると植物園までが遠いのですが、続きは明日以降に致します。

by yas_asami | 2012-09-24 23:45 | 六甲高山植物園 | Comments(2)
2012年 09月 23日

ペットバザール、ニシキハギ、ホウセンカ、オクラ、ヒガンバナ、サザンカ

今日は、お昼前からお天気になりました。恒例のアイランド・バザールがある日なのですが、今日はペットバザール
になっている様で、沢山のワンコ連れの人達が集まっていました。クリックで大きくなります。
a0030958_23144153.jpg

警察犬のデモンストレーションがあったのです。
a0030958_23154435.jpg

観客の連れているワンコが面白かったのです。
a0030958_2316682.jpg

「うちの子も、あんなに言う事を聞いて呉れれば・・・」
a0030958_23163584.jpg

E3の屋上ガーデン南側通路で、ニシキハギが咲き出しました。
a0030958_23185920.jpg

ドイツ学園の西側フェンス下に、ホウセンカ(鳳仙花)ツリフネソウ科が咲いています。ツリフネソウ科の花は、熟した
果実に触れると種子が勢いよく飛び散ることから,英語名は touch me not です。
a0030958_2322579.jpg

イベント広場近くの市民農園では、未だ、オクラの花が咲いていました。
a0030958_2323088.jpg

もうお彼岸に入ったと言うのに未だ咲かないのかと、ヒガンバナを探しにE5へ行って見ると、咲き出していました。
a0030958_23245078.jpg

咲き出したばかりの、ヒガンバナ(彼岸花)、別名:マンジュシャゲ(曼珠沙華)です。
a0030958_23263690.jpg

帰りにリンクの前の花壇で、大きな実が成っているのに気が付きました。サザンカの実なのです。
a0030958_23274512.jpg

山茶花は、ツバキ科なので結構大きい実が成るのですねー!

by yas_asami | 2012-09-23 23:31 | 植物 | Comments(3)
2012年 09月 22日

キクモモ、ハタケニラ、ゼフィランサス

今日は更に気温が下がり、過ごし易くなりました。先日来の在庫整理になりますが、実りの季節なので、始めて
見た「キクモモ」菊桃(バラ科)の実です。花が咲いたのは、4月21日でした。
a0030958_23241757.jpg

この木に沢山の実が成っていたのです。
a0030958_23253357.jpg

熟れてくると、真ん中から割れた後、木から落ちる様です。鳥も来てないので沢山落ちていました。
a0030958_232759.jpg

リバーサイドの橋脚下花壇に、ハタケニラが大群落を作っていました。北アメリカ原産の帰化植物ですが、
a0030958_23303365.jpg

(畑韮)ユリ科ステゴビル属、繁殖力が非常に強く、一端侵入を許すと駆除は困難になると言う事です。
a0030958_23323235.jpg

先日、海岸近くまで行った時に、サフランモドキの蕾を見付けました。
a0030958_23343790.jpg

別名:ゼフィランサス・カリナタと言います。
a0030958_2337069.jpg

花が咲いた後、結実した姿です。
a0030958_2338288.jpg

やがて、実の上部が外れて黒い種が飛び出して来るのです。
a0030958_23392692.jpg


by yas_asami | 2012-09-22 23:42 | 植物 | Comments(2)