カテゴリ:07スイス花の山旅( 14 )


2007年 07月 19日

1.シーニゲプラッテ高山植物園(1)

「2007年スイス花の山旅」が一応完成しましたので、日付順に並べ替えました。
6月28日から10日ほどスイスのお花を見て来ました。出発が遅れてアムス泊になったものの
29日に以前から行きたいと思っていた、シーニゲプラッテ高山植物園へ行くことが出来ました。
a0030958_5324434.jpg

インターラーケン・オストの次のヴィルダースヴィルから、赤い登山電車で頂上まで約1時間。
a0030958_5354555.jpg

1967mの頂上駅にある、シーニゲプラッテ高山植物園の入り口は、簡素なものでした。
a0030958_538136.jpg

520種類もの高山植物が、自然の地形の中に名札を付けて植え込まれています。
a0030958_5391988.jpg

まずは、アルプス三大名花の花形、Leontopodium Alpinum「レオントポディウム・アルピヌム」
エーデルワイス

a0030958_5402849.jpg

a0030958_5405122.jpg

Gentiana Verna「ゲンチアナ・ベルナ」
a0030958_54306.jpg

Rhododeendron Ferngineum「ロードデンドロン・フェルギネウム」アルペン・ローゼ
a0030958_5433373.jpg


by yas_asami | 2007-07-19 05:47 | 07スイス花の山旅 | Comments(2)
2007年 07月 18日

2.シーニゲプラッテ高山植物園(2)

シーニゲプラッテから見た、オーバーラント三山。左からアイガー、メンヒ、ユングフラウ
a0030958_2381420.jpg

山頂には雲がかかっていましたが、良いお天気に恵まれました。
キドニー・ベッチ(マメ科)Anthyllis vulneraria は、この後のハイキング道でも良く見ました。
a0030958_231154100.jpg

ミオソティス・アルペストリス(ムラサキ科ワスレナグサ属)アルペンワスレナグサ
a0030958_23141723.jpg

カンパニュラ・シルソイデス(キキョウ科ホタルブクロ属)Campanula thyrsoides
a0030958_23154511.jpg
 

by yas_asami | 2007-07-18 23:16 | 07スイス花の山旅 | Comments(0)
2007年 07月 17日

3.シーニゲプラッテ高山植物園(3)

シーニゲプラッテへの登りの電車から振り返って見た、インターラーケンの街並みとトゥーン湖
a0030958_22283433.jpg

ポレモニウム Polemonium caeruleum セイヨウハナシノブ
a0030958_2230335.jpg

サキシフラガ・パニクラタ Saxifraga Paniculata (ユキノシタ科 ユキノシタ属)
a0030958_2232614.jpg

Thalictrum aquilegifolium(キンポウゲ科 カラマツソウ属)カラマツソウ
a0030958_22333420.jpg

まだまだ沢山の花があるのですが、この辺でお山から下りる事にします。
下って来たヴィルダースヴィルの駅にBOBの新型車両が入って来ました。
a0030958_22393223.jpg


by yas_asami | 2007-07-17 22:41 | 07スイス花の山旅 | Comments(1)
2007年 07月 16日

4.ラウターブルンネンからミューレン

ヴィルダースヴィルからバスで、ラウターブルンネンまでやって来ました。
a0030958_025673.jpg

シュタウフバッハの滝も良く見える駅前、ここからケーブルでグリッチュアルプへ登ります。
a0030958_054410.jpg

グリッチュアルプから、更にこんな鉄道で終点のミューレンまで行きました。
a0030958_07398.jpg

駅前にある、ホテル・アイガーに泊まります。
a0030958_094722.jpg

ミューレンは、標高1650mなので、町中に高嶺の花が咲いています。
クナウティア・ディプサキフォリア Knautia dispsacifolia マツムシソウ
a0030958_9345558.jpg

Sedum atratum ベンケイソウの仲間
a0030958_9355982.jpg

ホテルの窓辺には、エーデルワイスまで植えてありました。
a0030958_9364651.jpg


by yas_asami | 2007-07-16 00:11 | 07スイス花の山旅 | Comments(2)
2007年 07月 15日

5.ミューレンからシルトフォルンへ

6月30日8時に宿を出て、村のの南端まで歩きました。振り返った村の中心部です。
a0030958_0235120.jpg

10分ほど歩いて、シルトホルン行きロープウエイの駅に着きます。
a0030958_026191.jpg

中間駅 Birg 2677m を経由してロープウエイを乗り継ぎます。
a0030958_0281377.jpg

振り返ると、アイガー・メンヒ・ユングフラウの山頂には雲が掛かっていましたが・・・
a0030958_0293144.jpg

シルトホルン頂上は、お天気の様です。
a0030958_0302337.jpg

Schilthorn 2973m の Piz Gloria(回転展望レストラン)前で取材中の nk-yoshi さん
a0030958_0331418.jpg

頂上からの展望
a0030958_0335250.jpg


by yas_asami | 2007-07-15 00:35 | 07スイス花の山旅 | Comments(3)
2007年 07月 12日

6.ミューレンからアーメントフーベル

シルトホルンから下るロープウエイからアーメントフーベル行きのケーブルが見えました。
a0030958_23234991.jpg

ミューレンの村のほぼ中央に、アーメントフーベル行きのケーブル駅があります。
a0030958_23261484.jpg

エリンギウム・アルピヌム(セリ科ヒゴタイサイコ属)Eryngium alpinum が咲いていました。
a0030958_23304243.jpg

アーメントフーベルでケーブルを下りると、オーバーランド3山が間近に見られます。
a0030958_23345949.jpg

ここから、ゆったりとした道を40分ほど掛けて、ミューレンまで下ります。
a0030958_23372411.jpg

草原に、Pedicularis tuberosa (ゴマリハグサ科)エゾシオガマが咲いていました。
a0030958_23452470.jpg

Veronica-chamaedrysヴェロニカ・カマエドゥリス(ゴマノハグサ科クワガタソウ属)
a0030958_23483019.jpg

Phyteuma spicatum(キキョウ科)
a0030958_23504038.jpg

ブルーメンタール(花の谷)と呼ばれるだけに、綺麗なお花が見られました。
a0030958_23535032.jpg

キッズアドベンチャーコースなどもあって、子供達も楽しんでいました。

by yas_asami | 2007-07-12 23:55 | 07スイス花の山旅 | Comments(1)
2007年 07月 08日

7.メンリッヘン山

6月30日の午後は、登山電車とケーブルを乗り継いで、ラウターブルンネンからウエンゲンまで
黄色い登山電車で行き、更にロープウエイで登り、メンリッヘン山荘へ向かいました。
オーバーランド3山、左から、アイガー・メンヒ・ユングフラウがばっちり見えています。
a0030958_2352197.jpg

15時35分頃に着いたので、ローウエイ駅の右奥に見えるメンリッヘン山に登って見ました。
a0030958_23103158.jpg

登る途中にも色々な花が咲いていました。タカネシオガマ(Pedicularis verticillata)
a0030958_23122853.jpg

途中で一休みし、下を見るとグリンデルワルドの街とベッターホルンが一望出来ました。
a0030958_23155480.jpg

手前に咲いているのは、キンポウゲ科キンバイソウ属の Trollius europaeus
a0030958_23185485.jpg

英名の Globeflower の方が分かり易いですねー。 ↓ メッリッヘン山 2,345m です。
a0030958_2319568.jpg

20分くらいで行けるよと聞いて出掛けたのですが・・・結構キツイ登りで、30分掛かりました。

by yas_asami | 2007-07-08 23:27 | 07スイス花の山旅 | Comments(1)
2007年 07月 07日

8.メンリッヘンからクライネシャイデック

7月1日08時にメンリッヘンを出発して、クライネシャイデックまでハイキングに行きました。
a0030958_22395430.jpg

アイガー北壁を正面にして、比較的水平な道を歩きます。途中に色々なお花が咲いてました。
Ranunculus pyrenaeus「ラナンキュラス・ピネウス」
a0030958_22423858.jpg

Gentiana Kochiana「ゲンチアナ・コキアナ」
a0030958_22442242.jpg

1時間ほど歩くと、ユングフラウが正面に見え、稜線の左にヨッホの展望台まで見えました。
a0030958_22452745.jpg

a0030958_22493594.jpg

Soldanella Pusilla「ソルダネラ・プシラ」
a0030958_2251166.jpg

Ranunculus Alpestris「ラナンキュラス・アルペトリス」
a0030958_22521358.jpg
Campanula barbata「カンパニュラ・バルバータ」
a0030958_22542239.jpg

やがて、クライネシャイデックのホテルや登山電車が見えて来ました。
a0030958_22563836.jpg

のどかな草原やお花を見ながら、1時間50分ほど掛けて歩きました。

by yas_asami | 2007-07-07 23:00 | 07スイス花の山旅 | Comments(1)
2007年 07月 06日

9.ユングフラウヨッホ、アイガーグレッチャーから歩く

クライネシャイデックからは、お決まりのユングフラウヨッホ参りになります。
ユングフラウ・ヨッホ頂上のスフィンクス展望台
a0030958_2361877.jpg

展望台から見た、アレッチ氷河
a0030958_239334.jpg

展望台からメンヒ南西面
a0030958_2321048.jpg

展望台からユングフラウ東面
a0030958_23215672.jpg

帰りの電車は、途中のアイガーグリッチャー駅で降りて、クライネシャイデックまで歩きます。
a0030958_23242190.jpg

レッドキャンピオン 学名 Silene dioica 英名 Red campion。
a0030958_23431291.jpg

お花畑の中をハイキングしたのですが、随分開発が進んで昔の面影が減っていました。
a0030958_23272312.jpg

リグスティクム・クテリナ(セリ科マルバトウキ属)Ligusticum mutellina
a0030958_22473326.jpg

遠くで雷が鳴り出したので、クライネシャイデックへ急ぎました。
a0030958_23292497.jpg

この後、ウエンゲン経由で帰る処で雨と霰と雷でロープウエイが一時運行中止になるなどして、
色々ありましたが、何とかメンリッヘンの山荘まで帰り着きました。

by yas_asami | 2007-07-06 23:35 | 07スイス花の山旅 | Comments(5)
2007年 07月 05日

10.ベルナーオーバラントからヴァリスへ移動

7月2日メンリツヘンから4人乗りのゴンドラでグリンデルワルトのグルントに下り、バスで移動と
言う事になりました。今日はツェルマットの先のゴルナグラートまでの大移動です。
a0030958_2325485.jpg

地図の左上、ツーン湖畔のシュピーツの街が見えました。
a0030958_2351455.jpg

カンデルシュテークまで来ると、レッチュベルクをトンネルで抜ける為にカートレインに乗ります。
a0030958_2384762.jpg

乗用車もバスやトラックも人や荷物を積んだままで、列車に乗り込むのです。
a0030958_2310135.jpg

ゴツペンシュテインまで15分ほどで到着です。サース・フェーとの分岐スタルデン渓谷を経て、
ツェルマットへのターミナル、ティーシュが立派な設備になっているのに吃驚しながら、新造の
シャトル電車でツェルマットに入りました。ツェルマツトのカトリック教会前は、観光客で一杯
a0030958_2325501.jpg

でしたが、少し足を伸ばせば未だ古い建造物が残してありました。鉄平石の鼠返しが見えます。
a0030958_23265962.jpg

バンホフ通りに戻ると、ようやくお天気も回復して来たようです。
a0030958_23282163.jpg

16時20分の登山電車でゴルナグラートに向かいました。
a0030958_23334441.jpg

4年振りに来て見ると、クルムホテルは、エレベータまで出来ていて随分変わっていました。
a0030958_042780.jpg


by yas_asami | 2007-07-05 23:36 | 07スイス花の山旅 | Comments(1)