風の向くまま!

yasasami.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 05月 12日

エゴノキ、吸葛、ヘラオオバコ、ニワゼキショウ、ドングリの花、トウカエデの実、枇杷の実、サクランボ

今日は、アイランド病院の循環器と内科の診察日だったのですが、予約が12時半だったので、向洋東公園へ
行って見ました。ふれあい会館の裏を通って階段を上がった直ぐ左にある、エゴノキが満開になっていました。
a0030958_23224546.jpg

もう散り始めている花もありました。
a0030958_23232932.jpg

蜜が多いのか、蜂さんが飛び回っていました。(右端です)
a0030958_23242160.jpg

満開のエゴノキの下に、吸葛スイカズラ(別名:キンギンカ)が咲いていました。
a0030958_23263492.jpg

咲き始めは白色の花が段々黄色になって行くのを、金色と銀色の花に見立てたものらしいです。
a0030958_23265629.jpg

大きな花壇の隅から、ヘラオオバコが顔を出していました。
a0030958_23311450.jpg

公園の広場は、ニワゼキショウの群落で一杯でした。
a0030958_23321928.jpg

ニワゼキショウ(庭石菖)は、アヤメ科だそうです。
a0030958_23332054.jpg

東公園の北端には、ドングリの花が咲いて、ムンムンと匂っていました。
a0030958_23353368.jpg

これが花なのです。
a0030958_23361272.jpg

北の陸橋の近くで、トウカエデが実になっていました。
a0030958_23375463.jpg

大きなプロペラが付いています。
a0030958_23384272.jpg

遠くに見える枇杷の木に実が成っていました。
a0030958_23395543.jpg

こちらは昨日魚崎で見た、枇杷の実です。
a0030958_23413182.jpg

公園の中のサクランボも赤くなっていました。
a0030958_23473640.jpg


by yas_asami | 2016-05-12 23:49 | 植物 | Comments(2)
Commented by nkyoshii at 2016-05-13 05:54
エゴノキはたっぷり花つけて全て実になりそうですが、鳥が来ますで
しょうか。キンギンボク二色揃って面白いです。トウカエデのプロペラ
は両開きでないのですね、八十過ぎても新しい発見楽しみ続々ですね。
Commented by keko1620 at 2016-05-13 07:11
ニワゼキショウ アヤメの赤ちゃんのようです。
ドングリの花って! 咲くのですか! ムンムンの感じわかります。
トウカエデのプロペラ? この大きいのがプロペラですか?


<< 第88回PAC定期演奏会      黄金凌霄花、白丁花、酔仙翁、麦... >>