風の向くまま!

yasasami.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 04月 30日

シジミバナ、タツタナデシコ、ユリノキ、ニセアカシア

昨日の続きになります。午後から気になっていた花を探しに行って見ました。
E7の西端の花壇には、シジミバナ(蜆花)が咲いていました。
a0030958_23164893.jpg

a0030958_23171555.jpg

E7北側の花壇では、タツタナデシコが咲きました。
a0030958_23201053.jpg

a0030958_23202755.jpg

E7東の街路樹になっている、ユリノキに花が咲いていたのです。
a0030958_23231573.jpg

葉の形から半纏木(ハンテンボク)とか、花の形からチューリップツリーとも呼ばれます。
a0030958_23252097.jpg

高い木の上に、上向きに咲くので撮り難いのです。
a0030958_23254231.jpg

a0030958_23255678.jpg

何気なく、向かい側を見ると白い花を付けた大きい木がありました。
a0030958_23325123.jpg

近づいてみると、ニセアカシアだったのです。沢山の花を付けていました。
a0030958_233415.jpg

a0030958_23344717.jpg

こんな近くに咲いていたのに、気が付きませんでした。
a0030958_2345595.jpg

この後にも、色々と出会いがありましたが、追々報告させて戴きます。

by yas_asami | 2016-04-30 23:45 | 植物 | Comments(5)
Commented by nkyoshii at 2016-05-01 06:43
嬉しい悲鳴の花ラッシュ、シジミバナ見えて居ますが脚伸びません。
ユリノキも直ぐ近くなのに、どうも億劫になりいけません。
Commented by keko1620 at 2016-05-01 06:51
シジミバナ もっと可愛い名前をつけてあげたらいいのに。
ユリノキ 向洋西公園にあるのでしたね。 ほんとにチューリップですよね。
これはニセアカシアですか。 アカシアかと思ってしまいます。
Commented by yas_asami at 2016-05-01 13:11
kekoさん シジミバナは、ハゼバナ(爆ぜ花),コゴメバナ(小米花)と言う別名がありますが、
蜆花の方が直感的に覚えやすいので使ってしまいます。
 ユリノキは、小磯美術館西の公園や東西のシティヒルにもあります。
Commented by yas_asami at 2016-05-01 13:14
yoshiさん ポッポのトイレ前の彫刻の諸元です。
作品名 作品92・落日、あるいは挽歌
作者 栄  利秋
素材 花崗岩(黒御影石)
サイズ 230×230×230(cm)
設置年 1994年
設置場所 六甲アイランド マリンパーク西公園
Commented by keko1620 at 2016-05-01 22:40
有り難うございます。 私にもやっぱりシジミバナが覚えやすいです。
あっそうでした。 私が以前ユリノキを見たのは 小磯美術館西の公園でした。


<< 皐月飾り、緑の散歩道を歩く、ヤ...      エニシダ、花菱草、ニゲラ、ユウ... >>