風の向くまま!

yasasami.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 05月 17日

'14 初夏の六甲高山植物園4

少し体調を崩してしまったのでお休みを戴きました。なかなか咳が取れないので困った事ですが、六甲高山植物園の
続きです。マルス・バッカタ(ヒマラヤのズミ)が今年の売り物になっている様でした。
a0030958_024833.jpg

a0030958_043867.jpg

高山地帯まで来ると、コメバツガザクラが出て来ました。
a0030958_073588.jpg

ミヤマクワガタ
a0030958_083746.jpg

ヤマブキソウ
a0030958_092888.jpg

ヒイラギソウ(柊草)
a0030958_0101654.jpg

セイヨウハナシノブとでも呼ぶのでしょうか?交雑しているのでと係の人の話です。
a0030958_0133971.jpg

a0030958_014911.jpg

上の方を見ると、咲いていたのです。あの「ヒマラヤの青いケシ」が。
a0030958_0165475.jpg

「ヒマラヤの青いケシ」しは、ヒマラヤの高山地帯に自生するメコノプシス・グランディスの事なのです。
a0030958_0172533.jpg

その近くに、チシマキンバイが咲いていました。
a0030958_0184944.jpg

その中に、トロリウス・ユーロパエウス(セイヨウキンバイ)が混じって咲いていたのです。
a0030958_0195558.jpg


by yas_asami | 2014-05-17 23:58 | 六甲高山植物園 | Comments(2)
Commented by keko at 2014-05-18 05:32 x
咳は辛いですよね。  早くよくなられますように・・・。
「ヒマラヤノ青いケシ」 咲いていたのですか。  神秘的!よかったですね。
ヒマラヤノズミっていうお花もあるのですか。  色々名前が難しいです。
Commented by nkyoshii at 2014-05-18 19:32
沢山の花たちが揃っているので、注意深く説明書眺めながら歩いても
見落しますが、今回は特に激しいです。次回になれば又違う花たちと
の出逢い、来年まで逢えない花たちもありますね。ヒマラヤのアオイケ
シ撮り損なった花スッキリいいです。ヒイセギソウの青も鮮やかです。


<< '14 初夏の六甲高山...      '14 初夏の六甲高山... >>