風の向くまま!

yasasami.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 25日

秋の六甲高山植物園-2

オルゴールミュージアム前から、秋の野草に見とれ45分も掛かって六甲高山植物園の西口に着きました。
a0030958_23205484.jpg

その手前の山道に、ゲンノショウコ(現の証拠)が咲いていました。最近はシロバナが増えている様です。
a0030958_23225967.jpg

アカバナのゲンノショウコもありました。
a0030958_23233443.jpg

やはり山の中です、ミズヒキが立派な花をつけていました。
a0030958_23254228.jpg

高山植物園の西口を入ると、ヤマトリカブト(山鳥兜)キンポウゲ科が出迎えて呉れます。
a0030958_23302129.jpg

ヒヨドリバナ(鵯花)キク科も咲いていたのですが、アサギマダラは来ていませんでした。
a0030958_23313962.jpg
 
その近くで、キクバヤマボクチ(キク科)の蕾が風に揺れていました。
a0030958_23324854.jpg

シロバナのホトトギスも咲いています。
a0030958_23332932.jpg

池の傍には、サワギキョウが残っていました。
a0030958_23343413.jpg

アキノウナギツカミ(秋の鰻掴み)タデ科の花です。名前の通り葉も茎もザラザラしています。
a0030958_23355644.jpg

ツルニンジン(蔓人参)キキョウ科の花も咲いていました。
a0030958_23374340.jpg

別名:ジイソブ(爺蕎)と言います。アブがホバリングして飛び込むタイミングを計っていました。
a0030958_2338434.jpg

今期の目玉にもなっている、キイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑)ユリ科です。
a0030958_2341921.jpg

紀伊半島に自生するので付けられた名前だそうです。
a0030958_23412480.jpg

広場の近くの、フシグロセンノウ(節黒仙翁)ナデシコ科は、綺麗な花が見付かりました。
a0030958_23455077.jpg

ここで、ようやくお弁当にしました。明日に続きます。

by yas_asami | 2012-09-25 23:47 | 六甲高山植物園 | Comments(2)
Commented by nk-yoshi at 2012-09-26 05:40
ミズヒキ頑張ってますね。鳥も追えるカメラでしょうか、接写もバッチリ!
ゆっくりお出かけでもよく見て撮っておられます。
Commented by keko at 2012-09-26 07:08 x
子供の頃からよく耳にしたゲンノショウコ 名前に似合わない可愛いお花です。
ミズヒキソウは前から知っていますが こんなに綺麗なお花は見たことがありません。


<< 秋の六甲高山植物園-3      秋の六甲高山植物園-1 >>