風の向くまま!

yasasami.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 06日

初夏の六甲高山植物園2

車の渋滞で、高山植物園直行バスになってしまったので、久し振りで東門から入りました。こちらから入ると、いきなり急な階段を下らなければならないのすが、まず、見事なユキモチソウが迎えて呉れました。
a0030958_2364258.jpg

ユキモチソウ(雪餅草)サトイモ科です。
a0030958_2393591.jpg

その近くに咲いていたのは、カキドオシ(籬通)シソ科です。
a0030958_231159100.jpg

下のガラス室には、レウイシア・コチレドン(スベリヒユ科)の花が咲いていました。
a0030958_23162520.jpg

色違いのシロバナもありました。別名:岩花火と言うのだそうです。
a0030958_23165883.jpg

外に出ると、ハルリンドウが咲いていました。
a0030958_23192234.jpg

通路脇に、ツボスミレ(坪菫)別名:ニョイスミレ(如意菫)が顔をだしています。
a0030958_23203669.jpg

八つ橋の近くに、シャクナゲの大きい木があります。
a0030958_23222822.jpg

今年は、花の付きがあまり良くなさそうです。
a0030958_23231073.jpg

ここの湿地帯には、リュウキンカが沢山咲きます。
a0030958_23251155.jpg

クリンソウが咲くには少し早かった様ですが、それでも咲いていました。
a0030958_23261932.jpg

シロバナのクリンソウもありました。
a0030958_23273627.jpg

下の八つ橋まで来ると、ムシカリ(スイカズラ科)の大きい木があります。別名:オオカメノキと言います。
a0030958_23295826.jpg

花も咲いていました。
a0030958_23304464.jpg

こちらの湿地帯には、エンコウソウが咲いています。
a0030958_23414930.jpg

レンゲツツジ(蓮華躑躅)の蕾が紅くなっていました。
a0030958_23425458.jpg

a0030958_23431433.jpg

八つ橋の端近くになって、奥の方に、オオバナノエンレイソウ(大花の延齢草)が咲いているのが見えました。
a0030958_234529.jpg


by yas_asami | 2012-05-06 23:46 | 六甲高山植物園 | Comments(2)
Commented by keko at 2012-05-07 07:18 x
ユキモチソウ 珍しいですね。 真っ白な雪のお餅が連想できます。
レンゲツツジの蕾って ほんとに野原の蓮華草とおんなじですねー。
Commented by nk-yoshi at 2012-05-07 19:40
入り口が違うだけで花の出逢い異なります。ようやく出逢えたユキモチ
ソウが数あったとは、しんどくてももう一足伸ばせばよかったと思います。
レンゲツツジ今日にも咲いて居ることでしょう。


<< 初夏の六甲高山植物園3      初夏の六甲高山植物園1 >>